無料の地形図、標高、起伏

無料の地形図の表示と共有。

生駒市

地図をクリックして標高を表示します。

生駒市, 奈良県, 日本 (34.69153 135.69617)

この地図について

名前:生駒市の地形図、標高、起伏。
地理座標34.64649 135.67007 34.78136 135.75706
最小標高5 m
最大標高642 m
平均高度130 m

生駒市

奈良県の北西端に位置する。南北に細長く、生駒山地や矢田丘陵などの山々に囲まれた山間の街で、市街地にも小高い丘や山が点在し、平地の乏しい複雑な地形をしている。 富雄川流域である市北部(旧北倭村)と大和川水系竜田川(生駒市内では生駒川)流域である中南部(旧生駒町)の間は小高い山及び丘で行き来しにくく、中南部では高度経済成長初期に都市化が始まったが、北部は1970年代後半になってから開発され始めた。そのため早くから都市化の進んだ中南部と新興住宅地としての北部とでは様相が異なる。 その例として、中南部は市内の駅(主に近鉄生駒駅)を利用するのに対し、北部(特に北東部)は奈良市内の駅(主に近鉄学園前駅)を利用する傾向があり、生活圏が奈良市である。 一方、市北部は関西文化学術研究都市の区域に指定されており、アクセス路線として近鉄けいはんな線が2006年に開通した事でこの傾向も徐々に変わりつつあり、それまで学園前駅を利用していた人々が、けいはんな線利用にシフトする流れが見られる。

Wikipedia (CC-BY-SA 3.0)